わかば整骨院のweb予約

むちうちなら立石駅前通り整骨院

わかば整骨院

手足のしびれ

わかば整骨院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!

悩みタイトル

  1. 膝が痛い

     正座した後の足のようなビリビリとしたしびれが続く
     感覚が鈍い感じがする
     手足に力が入らない
     親指、人差し指、中指がしびれたり、手首が痛む(手や指を動かすと和らぐ)
     薬指と小指の感覚が鈍い、手指に力が入らない
     脚気、手足のむくみ感や痺れ感、筋力の急な低下、歩行がふらつく
     痺れと共に排便・排尿に障害が出る
     午後から夕方にかけて痺れや痛みが強くなる
     指先や足先の冷え感
     しばらく歩いていると足がしびれたり、痛んだり、あるいはふくらはぎが突っ張り出して歩けなくなる。しばらく休むと楽になってまた歩けるようになり、またしばらく歩くと痛くなってということを繰り返す

  2. 手足のしびれにおける当院の考え

    膝が痛い

    足のしびれは直接神経が圧迫される場合と、血管が圧迫されて神経への血流が悪くなる場合の2つに分けられます。
    直接神経が圧迫される場合は神経のどこかに異常があり、これがしびれの症状を引き起こすということになります。神経性のしびれは、椎間板ヘルニアなどが原因で起こります。
    血管が圧迫されて神経への血流が悪くなりしびれが出る場合は、血管の障害により血流が悪くなった結果、症状が出てきます。血管が圧迫されて、神経への血流が悪くなると痛みやしびれが起きます。血管が圧迫されるのは、筋肉の柔軟性が低下し硬くなる場合にも起こります。筋肉が硬くなるのは日頃負担をかけるからです。人によって様々ですが、多いのは骨格の問題、いわゆる姿勢が悪いことが関与しています。

  3. 手足のしびれを放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    手足の痺れは出た時点で検査を受けなければいけません。なぜなら原因によっては脳神経系の問題で、緊急性の高いものである可能性もあるからです。
    例えば脳出血や脳梗塞が発生すると、脳や末梢神経から感覚神経が通る部分が障害されます。するとそれらの機能に影響が出て、障害されていない側の手足にしびれ(右脳なら左の手足)が起こります。
    しびれに加えて強い痛みを感じる場合は、視床という部分に障害が出ている可能性があります。また脳梗塞の前触れである一過性脳虚血発作は、しびれが短時間で解消されるという特徴があるため、速やかに受診する必要があります。
    足のしびれ・痛みに腰痛を伴うものは、椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、骨粗しょう症などが疑われます。
    左右一方だけしびれ、マヒ、頭痛、めまい、ロレツが回らないなどの症状を伴うものは、脳卒中の始まりが疑われます。急いで内科医へ受診をしてください。
    冷えると手の指が白くなってしびれるものはレイノー病が疑われます。レイノー病とは発作的に四肢の末端に血行障害を起こす病気で、寒冷や精神的緊張があると手の指先が左右対称に蒼白になり、冷感・痛みを伴います。ひどくなると充血・発赤・拍動性のうずきが出てきます。
    左右対称にしびれるものは、多発性神経炎が疑われます。左右対照的に末梢神経が冒される病気で、化学物質や薬物、栄養障害、妊娠などが原因でも起こるが、最も多いのは糖尿病によるものが多いです。

  4. 手足のしびれの軽減方法

    血液サラサラ

    しびれを改善するには、しびれを緩和させる治療と、しびれの原因となっている病気の治療を平行して行うことになります。しびれは全身の病気が複雑に関係しておこるため原因が特定されにくいので、治療が長期にわたることもあります。特に神経性のものは手術で治療をすることが多いです。
    次に日常生活で感じるしびれへの対処法です。
    正座などで一時的に神経を圧迫することで足がしびれることもあります。一時的なしびれを感じたら無理に動かすとしびれを悪化させたり、こむらがえりの原因となることがあります。しびれが自然におさまるのを待ちましょう。
    また、冷えなどの血行不良によってしびれを感じることもあります。血行不良を感じたら、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかるなどして血行を促進しましょう。湯船で足裏から足の付け根にかけてマッサージするのもよい方法です。冬はもちろん夏でもエアコンの効いた室内にいる時には、靴下などで冷えすぎないように調節しましょう。デスクワークの合間に軽く足首や足の指を動かすストレッチなどを行い、足先の血行を良くするのもよいでしょう。
    それでも良くならない場合は、必ず医療機関を受診しましょう。

  5. お勧めする手足のしびれに効果的な施術メニューは?

    矯正

    当院では、血液循環によるしびれや筋肉の硬さによるしびれにたいして施術をすることができます。
    血液循環も結局は筋肉の硬さにより悪くなっているので、まずは筋肉をほぐす施術が効果的です。筋肉をほぐすには手技療法、温熱療法、鍼治療、電気治療、ストレッチ系の施術法があります。硬さや症状に合わせてメニューを選択し施術しています。
    また、筋肉が硬くなってしまう原因へのアプローチも必要不可欠です。多くは姿勢から来るものなので、矯正治療が有効となります。矯正治療を行うことによって、骨格の位置関係を整え、筋肉にかかる負担を減らすことができます。負担が減ることによって、ほぐす施術効果が高まります。負担自体がなくなるレベルまで矯正施術を続けられると、その後、硬くなることがなくなります。

  6. 軽減するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    しびれを改善する為には週2回以上は来院して施術を受けていただく必要があります。なぜなら、施術の効果は日々の生活でかかる負担によって長続きしない為です。スポーツはもちろん、日常生活を送っている中で筋肉を使わないようにしたり負担をかけないように生活することは不可能です。そこで筋肉を使ったり負担をかけてしまうことで、普段のお身体に少しずつ戻ってしまいます。戻りきる前に次の施術を受けることで改善に向かうことができます。もちろん週2回以上施術を受けていただけるとそれだけ施術効果を上げることができます。

▲ページの先頭へ戻る

わかば整骨院のご案内

【住所〒133-0051 東京都江戸川区北小岩2-9-1 【電話】TEL:03-5668-5702

わかば整骨院景観
受付時間 土・祝・日
10:00 ~ 12:30 8:00 ~12:00
15:30 ~ 22:00 14:30 ~ 17:00

年中無休で営業しております。

当院までの地図

「京成小岩駅」から徒歩30秒

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

葛飾区、江戸川区、高砂、北小岩、東小岩、西小岩、葛西、瑞江、新清町など広く地域の方にお越しいただいております。

○ 京成線「京成小岩駅」から わかば整骨院までの道のりです。

京成線「京成小岩駅」→ 30秒
わかば整骨院の行き方、1.京成小岩駅の改札を出て南口に向かいます
1.京成小岩駅の改札を出て南口に向かいます
わかば整骨院の行き方、2.階段・エレベーターで下に降ります
2.階段・エレベーターで下に降ります
わかば整骨院の行き方、3.階段・エレベーターをでて目の前にあります
3.階段・エレベーターをでて目の前にあります
お気軽にお問い合わせください

葛飾区・江戸川区・北小岩・東小岩・西小岩・高砂からも多くの患者様にお越し頂いております。

  • 京成本線 京成小岩駅から 徒歩30秒!

    03-5668-5702

    電話予約できます!(受付時間内)

  • わかば整骨院のお問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

わかば整骨院のLINE

         

WEBから予約をする

いますぐお電話する